2016年06月09日

イスタンブールの治安


トルコ、イスタンブールの繁華街で警察車両をねらったテロがあり、死亡者11人
負傷者36人をだしました。
この地区はグランドバザール付近、私が泊まったプレジデントホテルがある地域です。


5月12日私がイスタンブールを出た日もテロがあったそうです。

日本では報道されていませんでしたが、警察署近くの郵便局付近に止めてあった車が爆発、負傷者11名のニュースが海外のニュースにありました。


帰国して、そのニュースをおしえてくださった方は、イギリス人のご友人から、イギリスはトルコに渡航禁止がでていると教えてくださいました。

日本では、十分注意になっています。

私が正味3日少し滞在して感じたのは、日本で報道されていふよりずっと、危険。

いつ、どこで、テロが起こってもおかしくない感じ。今年は観光地でもテロが数回ありました。

もちろん、市民は普通に地下鉄にのり、トラムにとり、生活しているように見えました。

目立つ警察官が少ないのは、テロのターゲットにされるからでしょうか。

プレジデントホテルのそばは店がたくさんあり、石畳の坂道に沢山車、バンが路上駐車していました。

そのうちの1つでもテロになりかねないと感じました。政府のコントロールができていない感じ


美しい自然と世界遺産、魅力的な人々、美味しいメゼやフルーツ、ターキッシュデライトがあるイスタンブール。

平和を!平和を!



posted by  バイヤーF at 07:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。