2017年03月18日

花粉症ぬき



タイには、花粉症の原因の杉やヒノキの木がないようです。

南の国にいくと、花粉症の症状は消えます。

デドックスしているまたいな。


今回は午前中のフライトで、機内で少し慣れました。

そのせいか、その日ランバンについたのですが、夜疲れはあるけど、気分はよい。

つぎの日は、もう普通でした。

花粉がぬけたようです。

日本では、沖縄や北海道などにいくとよいようです。


posted by  バイヤーF at 14:30| Comment(0) | 日記

象牙はゾウさんだけのもの


IMG_1259.JPG

IMG_1258.JPG

象牙製品をタイから出すことは法律違反で、禁固刑または多額の罰金とチェンマイやバンコクの空港でこのバスターがありました。

象牙製品は売られています。

posted by  バイヤーF at 11:33| Comment(0) | 日記

タイ式ウエディング ご結婚おめでとうございます!パート2



会場内の写真を撮りました。

古い良き時代っぼい作りですね。

このために撮影されたであろう写真が壁にディスベレイされています。

そしてジャスミンの飾り

数枚A4サイズの写真も。

通路を通って、大きな広場にでました。

舞台があ椅子があり、その両脇、後ろにも椅子とテーブルの部屋

その奥にも部屋があります。

その広場、舞台袖に司会者が、マイクで色々話しています。

写真を撮影して良いかを確認して、快諾していただきました。ありがとうございます。

私が英語とタイ語を混ぜて話したせいか、どちらから?と聞かれました。

そして私が日本から、東京からですと言うと、

手元よリストをみて、お名前は?

私が名前を言うと、

確認して、

あなたはタイのゾウさんの世話をするためにタイへ来られている方ですよね。

ありがとうございます!と言われました。

驚きました。

ドクター達が司会の方に話していたのでしょう。

こちらこそ、ゾウさん達は私の赤ちゃんです。

と話しました。

その後、他の写真を撮影しました。

彼らのアルバムがありました。

フェイスブックでみた写真ですが、センターでのゾウさん乗っての写真もありました。

とてもステキなアルバムでした。

先ほどの司会者の方がいらしたので、色々お聞きしました。

式次第を教えてくれました。

花婿が貢物?と一緒にあらわれる、それから、2人は両親に挨拶、許されて、壇上にて、ゲストから祝福を受ける

その時に、暇を彼らの腕に結び、ご祝儀はかごの中へ入れてください。

よかったです。教えていただいて。

受付はどこでしょうか?

彼女は、私をその場所まで連れていってくれました。

私がそこを通った時は、受付はまだ始まっていませんでした。

そこで、並んでいると、司会者の方が、日本からこられた方でゾウさんの世話をしているですと。

私は、はい、東京からです。

受付の1人の人が、

テンモーを世話した人!!

テンモーちゃんが死去して三年以上経ちますが、覚えていてくれる。

グッときました。

芳名帳は、色とりどりのサインペンで名前と、一言書く形でした。


受付には、ステキなタイの民族衣装の女子達。

華やかに盛り上げていましま。

続くIMG_1230.JPG



IMG_1228.JPG

posted by  バイヤーF at 06:44| Comment(0) | 日記

ご結婚おめでとうございます!パート1


ゾウ病院の獣医達、ドクターボーナスとドクターサックの結婚式が、チェンマイのMorgan cultural center で3月16日行われました。

タイの伝統的な式を一部分再現、変えているところもあります。

花嫁、花婿の家に行くというのを簡略化しているようです。


多分お二人は、新しいこういう形を選んだのでしょう。

とても華やかでアットホームで、楽しい式でした。

IMG_1227.JPG

こちらは敷地内にある別のところ、見学できます。

posted by  バイヤーF at 06:36| Comment(0) | 日記