2017年02月28日

ヘア&メイクアップアーティスト「白鳥みやこ先生」のベリーダンスメイクについて


ヘア&メイクアップアーティスト「白鳥みやこ先生」のベリーダンスメイクについての記事がfacebook にアップされていました。

皆様がより素敵に、キレイになるのにとても参考になると思いますので、先生に許可をいただき、こちらのブログにも掲載します。

先生、ありがとうございます。



ベリーダンサーさんのメイクレッスンについてきらきらきらきらきらきらきらきらきらきらきらきらきらきらきらきら

akonetstudio&photosさんで毎月募集開催しているベリーダンサーためのメイクレッスンは、4年目を迎えました。ご利用いただきありがとうございますo(*⌒―⌒*)o

そこで、改めて書いてみようと思いますてれてれ

なぜ?ベリーダンサーのためのメイクレッスンなのか?

フラダンスと平行してベリーダンスをはじめたことがきっかけで、渋谷のインポートギャラリーアコさんに衣装を買いに行きakonetstudio&photosの石田さんとjackさんと知り合いましたきらきらきらきら

池袋に移転した際に以前からヘア&メイクアップアーチストだと石田さんに話していたので、お客さまでメイクが苦手なベリーダンサーがいると話を聞き、メイクレッスンをしてみないかとお話をいただきました。

ベリーダンスの衣装はステージでライトを浴びるとキラキラと輝き、とても綺麗で素敵です。
☆衣装に対して、メイクが薄く、衣装が踊っているように見えるダンサー。
☆濃いメイクをしすぎて、魔女を通り越して、妖怪のように見えるダンサー。

この二つが特に気になり、沢山のベリーダンサーの資料を集め、日本人代表の平らな顔でパーツが丸い私の顔で肌がヒリヒリするまでメイクを何度も試しました。

ダブルラインは、似合う方とダブルラインを描くほど目と眉の間のスペースがない方と大きくわかれます。

東洋人は後者が多いです。
描いても目を開けるとダブルラインが見えなくなりやすく、ダブルラインの意味がありません。特に黒でラインを描く時は、技術が必要です。黒は難しい。ムラになりやすく、汚しのメイクになりやすい。きちんと土台を作り粉止めをしてないと、汗と油で手もつけられないほど崩れます。

暗闇で踊るならまだ良いのですが、野外で昼間踊るときや小さいホールやハフラなどお客さまが近い場合は避けたい…困り

私の提案するメイクは、ダブルラインを黒ではなく、明るい色を使用しています。
目を開けたときにツケマツゲの間から花やかな明るい色が見えるようにきらきらきらきらきらきらきらきらきらきら

チークやリップの色も、明るく華やかな色を使用します口紅

アイラインは長く太くひき、ツケマツゲを長さを切らずにつけるようにしています。

皆さん、顔が違います。
なりたい自分、見せたい自分、いろいろと好みがあります。
彫りが深い顔と平らな顔は、同じようにメイクしてはいけないんです。
彫りが深い顔は、濃いメイクになりやすいので、引き算メイク。
平らな顔には、足し算メイク。

平らな顔にもいろんな特徴があり皆さん、違います。
はだの色や髪の色により、似合う色も違います。
ツケマツゲも皆さんに似合うものは、ありません。
ツケマツゲもいろんな種類があり、似合うもの、似合わないものがあるんです。

皆さん、それぞれ違うんです。

メイクレッスンでは、一人一人衣装を見て、似合う色、似合うアイラインの長さ太さ、似合うツケマツゲを選び、提案しています。

メイクは、一度でできるものではありません。
何度も何度も練習が必要です。
特にベリーダンサーさんのメイクは、特殊です。

わからなくなったら、また習いに行く何度も失敗して得るものは大きいです。
私もヘア&メイクアップアーチストになる前は、お菓子会社の社員でデパートで販売員をしていました。後輩に「白鳥さん、殴られたんですか?」と新作のアイメイクでウキウキの朝、言われた一言です(笑)酷いものした。
ショッキングピンクとブルーとパープルを重ねて目の上にのせていました!まさに、アザメイクでしたショッキング

綺麗になりたい!
素敵になりたい!
性別年齢関係なく、みんな綺麗に素敵になれるんです。

似合わないメイクを似合わないと言う人は、あまりいないと思いますが、私は、あえて言わせていただきます!もちろん、似合うメイクをアドバイスします。

かなり長くなりましたが、まだ書き足りないあせあせ(飛び散る汗)

メイクは、奥深いです。


以上がみやこ先生の記事です。


みやこ先生のベリーダンサーのためのメイクアップWS参加者受付中です。

お問い合わせ、お申し込みはakonet@hotmail.co.jp石田まで

IMG_0892.JPG
posted by  バイヤーF at 09:03| Comment(0) | メイクWS